郵便局のおじさんは9時40分ごろやってくる

日常を怯えて過ごす人間の雑記

怖気10/『都会の遭難』平山夢明

ヒトコワ系の記念碑的シリーズ。 『東京伝説』 このハズレ無しのシリーズから、 平山夢明さんが自選なさった鉄板の話。 〈都会の遭難〉 『東京伝説 忌まわしき街』所収。 これは、サイコでグロテスク。 ある女性が、内臓まで洗浄したいという。 それは、 か…

出先の顛末

本日、遠征先から帰還。 ちょっとした商いの買い付けを済ます。 舞台、コントを観たりしつつ、 郊外の湖に行き、祠の道祖神に想いをはせた。 ここまで! ここまでは、ええねん! そして昨夜、 某都市で翠ジンソーダなど呑んでいたら、 夜中に歯がグラグラ。 …

ロマンを傍に。

ワノ国編で、 1度全巻手放したONE PIECE。 最近の様々な新事実の到来に、 パワーバランスの変化。 1から読み直してぇ〜。 というわけで、 電子版をポチる。 今日からビジネス&娯楽で、 遠征するのだが、 その間は、小説を読むので、 ONE PIECEは、まだキ…

生涯に一片の悔いなき大声優/『その声のあなたへ』

30代最後の夏も近づき、 漸く腹筋も割れて昔の体脂肪率にフィジカルをもっていっている。 そして、 書棚には、 『北斗の拳』の新装版があり、 タブレットにも、 やはり北斗神拳絡みのメモリがある。 直撃世代ではないにしろ、 北斗の拳、その作品への信仰…

暗渠の中の小さな波紋

坂本九 『上を向いて歩こう』 シャ乱Q 『空を見なよ』 中島みゆき 『地上の星』 ケツメイシ 『花鳥風月』 五木ひろし 『夜空』 優里 『ペテルギウス』 荒井由美 『ひこうき雲』 などなど数多ある日本の曲から、 今ふと僅かに挙げてみたのは、 みあげたり、…

自刃室/SALVAGE

真っ白なユニフォームにヘルメット。 そんな格好の女性が筒状の形をした部屋から出てくる。 何かチケットの様な紙を眼前の机に置いて違う部屋へと去っていくその女性。 自分がその机を覗くと、 「自刃室」 こう書かれた紙が山積みになっていた。 特攻隊。 戦…

『女王はかえらない』降田天/屋根裏の内緒話

⭐︎書評ブログ⭐︎ 読子の本棚 本田読子様 本好きの秘密基地 はむちゃん様 読書会 【屋根裏の内緒話】 選書 本田読子さん 課題図書 『女王はかえらない』降田天 始めさせて頂きます。 〈概要〉 このミス大賞受賞作ということだが、 知らなかった。 ミステリ通と…

寄り添い尊重し合う美しさ/『まいまいつぶろ』村木嵐

まず、 ちわぷ〜の書評ブログ ちわぷ〜 (id:chiwawatan)様 この方の記事を拝読させて頂き、 『まいまいつぶろ』村木嵐 本書をGETした。 だが、しかし。 僕は歴史に弱い。 大学受験の際には、歴史は一問もまともに解けなかった。 そして、 歴代将軍も役職も、…

怖気09/『ひとりぼっち』郷内心瞳

東北で、 拝み屋という稼業を営む、郷内心瞳氏。 著書である『うつろい百物語』収録。 郷内氏への、とある40代の女性からの相談。 その女性は中学時代に酷い虐めを受けており、 その苦しみから、 大学ノートに同級生の名前を列記し、 雑木林の墓地の土中に…

臨海領域

唐突だが、 プライベートのお話を。 僕は寝る時はパジャマ。 部屋着は、タンクトップかスウェット。 そして、 外出時は、カッチリした服装。 そうでないと外界に出ることが困難なほど、 人混みや、集団の中に入るのが苦手。 だが、 セットアップ ライダース…

タイトルに納得!『刃牙らへん』板垣恵介

『刃牙道』のアニメ化が決定。 そんな中、 『グラップラー刃牙』 『バキ』 『範馬刃牙』 『刃牙道』 『バキ道』 この正中線への5連突き! からの新作、 『刃牙らへん』が始まっている。 僕はコミックス派なので、 1巻の内容しか知らないが、 噛みつきを極…

夜のこと

昔からCMで、 夜に尿意で何度も起きる方のサプリ的な、 そんなモノを販売している様だが、 僕は、まだ生まれてから一度もそういう事が無いのである。 年齢的に当然かとは思うが、 夜に起きていてトイレに行くことはあっても、 睡眠から尿意で起きた経験は…

カルパスの魔力

たまに食べたくなるカルパス。 あれは、 なまらヤバい食べ物。 袋を開ける。 ひとつ口にする。 気づくと、あっという間に食べ尽くしてしまう。 あの止まらなさは、 なんだろか? メーカーの陰謀か? はたまた、食欲のせいなのだろうか? 何れにせよ、僕はあ…

『悪の芽』貫井徳郎/屋根裏の内緒話

⭐︎書評ブログ⭐︎ 読子の本棚 本田読子様 本好きの秘密基地 はむちゃん様 読書会 【屋根裏の内緒話】 読子さんとの2人体制。 はむちゃんは、出産の関係で待機なので、 無事を祈ってるぜ! 選書は、ニードル 課題図書 『悪の芽』貫井徳郎 始めさせて頂きます。 …

不眠/SALVAGE

長年、不眠に悩まされてきた。 昨今はクスリが合っていて眠れるが、 昔は酷かった。 10代末、 ガールフレンドと1つのベッドに入る。 しかし、 僕は眠れず、漫画の棚に向かい、 ひたすら朝まで読む。 また、ある時は知人宅にて宅飲みをする。 みんなが酔い潰…

繰り返す夢/SALVAGE

高校時代から現在まで、 決まった夢を頻繁にみる。 その中で、 僕の目の前に、 宮本武蔵の様な剣豪然とした人物が構えている。 刀を握り、振り下ろす。 一刀両断、 ではなくて、僕はその武人を殴っている。 明らかに斬られる位置だが、 いつのまにか刀は無く…

怖気08/『オーメン』

1970年代に誕生した、 オカルトホラーの傑作。 シリーズ化して、今年も関連作上映。 さて、この映画のポスターがまずイイ。 血涙を流した、天使の石像。 禍々しい作品の証左である。 あらすじは、 時期の大統領とも目される大使、 その奥さんが死産してしま…

捜索願/SALVAGE

皆さん、こんにちは。 このSALVAGEを読んでくださる方が、 一定数いらっしゃるようで、 感謝あるのみでございます。 さて、いつも遠い過去の追想が多いのですが、 今回は、つい先ほどのエピソード。 とはいえ、パンチ力に欠ける話。 ではでは、お願い致しま…

逆鱗

先日のYahoo!ニュース。 藤田和日郎先生が、 偽サインの横行に言及なさっていた。 藤田先生の大ファンとして、 数回、ほんの少しお会いできたのだが、 先生は、なまら温かい方で、 実直でカッケ〜漫画家である。 僕は、 藤田和日郎作品を読んで育ち生かされ…

僕の罪と我儘について

この記事を書いている今、 世間はGWということだが、 正直、僕には特に楽しい予定は無い。 悩みつつ、体調も芳しくは無い。 これだと、ただの不幸自慢になるが、 なんだか、上手く伝えられるか分からない想いを読んで下さい。 僕が、ブログを始めたのは、 …

怖気07/『ばんもんの部屋』夜馬裕

様々な怪談師の台頭の時代。 夜馬さんは、厭な話のストーリーテラー。 さて、タイトルの『ばんもんの部屋』 こちらの、集合住宅の清掃員の恐怖。 ネタバレはしないが、 夜馬裕さんの単著処女作、 〈厭談〉収録。 同書収録の、 『治験で世界を旅する男』とい…

ムム、餓狼伝がNetflixで?

南斗!じゃなかった、 なんと! 夢枕獏先生のライフワーク作品、 『餓狼伝』が、ネトフリにやってくるとか。 本作は、 無頼の空手家、「丹羽文七」が、 実践空手を武器に、 様々な格闘家とバトルを繰り広げる死闘録。 刃牙の板垣恵介先生で、 コミカライズも…

マブリー燃ゆ!/犯罪都市NO WAY OUT

待ってました! 韓国の剛腕、マ・ドンソク様 『犯罪都市』の3作目降臨。 早速課金して視聴。 今回、マ・ソクト刑事に対するは、 日本のヤクザ。 青木崇高さん演じるリキ。 そしてそして、 黒社会の会長を演ずるは、 國村隼さん=『哭声』で大活躍。 相変わ…

ジャッキー・チェンに魅せられて

ブルース・リー 功夫スターのトップオブトップにして至宝。 だがしかし、 僕は、 ジャッキー・チェンに夢中だった。 最近は、違和感ある発言も目立つが、 アクション・スターとして大好きだ。 空手を始めたのも、 大山倍達氏etcでは無く、功夫の影響。 大…

始まるね/SALVAGE

学生時代の話。 自裁志願者だった僕は、 希死念慮が昂って深夜の市街地を徘徊していた。 早い話が、 死場所を探していたわけである。 ミニバイクでぐるぐると周り、 閑静な住宅街に入り込んだ。 いっそ飛び降りよう。 そう考えて高い建造物を探しはじめた時…

独特なノリのLINE

従兄弟のK 彼とは相変わらず破天荒なやりとりを続けているのだが、 先日も、またまた異なる内容だった。 まず、 「堪忍袋の尾が切れました」 「さよなら」 こう来る。 彼は常々、僕に仕掛けを使って来るので 「悪・即・斬」 この一行で、放置。 しばらくして…

夏の夜のブランコ

子どもの時分。 僕の頭には勉強と虐めへの諦観しかなかった。 成績は良いが、 体にはアザがあり、ひ弱な少年。 そんな時代。 夏休みの夜、 毎夜の様に、窓の外から僕を呼ぶ声。 マキちゃん。 僕とマキちゃんには、 共通点は皆無だし、 釣り合わない。 ただ、…

『ワーキング・ホリデー』坂木司/屋根裏の内緒話

⭐︎書評ブログ⭐︎ 読子の本棚 本田読子様 本好きの秘密基地 はむちゃん様 読書会 【屋根裏の内緒話】 僕の遅れで遅延になりましたが、 読子さんとの2人体制での開催。 選書は、読子さん 課題図書 『ワーキング・ホリデー』坂木司さん 読子さん、すみません(>…

怖気06/『オーグリーンは死にました』朱雀門出

厳密には、『怪談五色 呪葬』 こちらに、この話が載っている。 本来、 このエピソードは温存していたかったし、 朱雀門出さんには、 なまら思い入れがある。 ペーパーバックまで揃えて、 書棚に鎮座しているくらいだ。 朱雀門出さん、否、朱雀門先生。 大学…

あちこちキテます

ここ2ヶ月間、 祖母の件を進めながらも、 怪奇沼にどっぷり。 怪談を流しながら怪談書を読む。 短期間で、300冊に迫る勢いだ。 更に、 ウエイトトレーニングにプラスして、 突きや蹴りも再び突き詰めていく。 在宅ワークも続けなくてはならないし、 知り…