郵便局のおじさんは9時40分ごろやってくる

日常を怯えて過ごす人間の雑記

怖気10/『都会の遭難』平山夢明

ヒトコワ系の記念碑的シリーズ。

 

『東京伝説』

 

このハズレ無しのシリーズから、

平山夢明さんが自選なさった鉄板の話。

 

〈都会の遭難〉

『東京伝説 忌まわしき街』所収。

 

これは、サイコでグロテスク。

 

ある女性が、内臓まで洗浄したいという。

それは、

かつての彼氏からの、

強烈なギフト=被害。

 

詳述しませんが、

人が亡くなりそのまま時が経つ。

すると、

遺体には色々な反応などがありますね?

 

想像してみて下さい。

イマジネーションが、この忌談を含め、

現代をサバイブするマテリアルなのですから。

 

と、勝手に言って後悔してます。

が、平山夢明さんの話は、ガツンときます。

 

現在、窓の外は、土砂降り。

その雨粒のひとつひとつに、

それぞれのエピソードがあるかと。

 

怪異、惨劇もまたひとしく。

 

この辺で、

 

では、また。