郵便局のおじさんは9時40分ごろやってくる

日常を怯えて過ごす人間の雑記

カルパスの魔力

たまに食べたくなるカルパス。

あれは、

なまらヤバい食べ物。

 

袋を開ける。

ひとつ口にする。

気づくと、あっという間に食べ尽くしてしまう。

 

あの止まらなさは、

なんだろか?

 

メーカーの陰謀か?

はたまた、食欲のせいなのだろうか?

 

何れにせよ、僕はあの蠱惑的フードは、

なるべく控えている。

 

しかしながら、

1日が終わり、机を片付け、日課を終えて道着を脱いだりしてシャワーを浴びた後、

ソファーに身を沈め、

釈迦涅槃像の様な姿勢でコントを観たりしながら、ガムを噛んでいると、

 

カルパス食いてえ〜

 

こうなる。

 

そういう時は大抵、

ガムを飲み込んでしまい後悔するのだが、

飲み込み可能のハイチュウは、

銀歯の関係で封印。

 

そういう時にベストなおやつを、

探究している。

 

鍛えるために食べるのか。

はたまた、食べるために鍛えるのか。

もはや分からない。

 

天竺への取経の旅はまだまだ続く。

 

では、また。