郵便局のおじさんは9時40分ごろやってくる

日常を怯えて過ごす人間の雑記

怖気08/『オーメン』

1970年代に誕生した、

オカルトホラーの傑作。

シリーズ化して、今年も関連作上映。

 

さて、この映画のポスターがまずイイ。

血涙を流した、天使の石像。

禍々しい作品の証左である。

 

あらすじは、

時期の大統領とも目される大使、

その奥さんが死産してしまう。

6月6日6時のことである。

そして、彼は妻の気を案じて代わりの赤子を秘密裏に迎えた。

 

ところが、

ところがですが、

その子供は人に非ず。

悪魔の化身。

666=獣の数字を持った邪悪の顕現。

名前は、ダミアン。

 

ダミアンにとって余計な存在が、

バンバン死んでいき、

最終的には、、、

 

おっと、この先はご自身で目撃しちゃって下さい。

 

ホラー映画史に燦然と輝く作品。

幽霊もよいが、

悪魔もヤバし!

 

ダミアンの圧倒的な威圧感。

しかも、まだ子供。

 

まだ未体験の方も、

ホラーファンの方も、

ご精読有難う存じます。

 

あ、因みに曰く付きっす。

 

では、また。